HOME > 事業内容 > 印刷機械 > ユーザールポ > Vol.1 株式会社一九堂印刷所

ユーザールポ Vol.1 株式会社一九堂印刷所

Vol.1 株式会社一九堂印刷所 岩尾純一 代表取締役社長

創業以来の進取の社風で高品質なCDジャケット印刷に取り組む

リサイクル素材・紙にこだわりつづけ、ISO9002取得で標準化を志向

 CDショップの店頭に並ぶ、目にも鮮やかなさまざまなCDジャケット……。そのパッケージはミュージシャンや楽曲の魅力を最大限に抽き出すために多彩な表現を競い合っており、本当に楽しい。思わず手にとって触れたくなる。だからこそ、そのジャケットを作るとなると、さまざまな技術や高度な品質管理能力が求められてくるはずだ。CDジャケットは商品そのものであり、ジャケットによってCDの売上が左右されることもあり、デザインや色調表現には、新しさ、希少性、時代性、芸術性などさまざまなテーマが与えられる。多彩な印刷技術を組み合わせて、ひとつのCDジャケットとして完成させるために、プレスやポストプレス工程の連携や、印刷と加工の精度が重要になる。100枚から100万枚単位の幅広いロットの受注を、短納期かつ高品質で柔軟にクリアしなければならない。

 一九堂印刷所は、こうした高品質なCDジャケット製作のトップメーカーとして、豊富なノウハウと経験を誇っている。その進取の社風は創業以来の伝統だ。印刷工場には3月に稼働し始めた菊合判の4色機DAIYA304をはじめ、三菱のオフセット枚葉機が並ぶ。さらにポストプレスにはわが国に1台しか無いという専用の加工機械や装置類が配置されている。常に新しい挑戦を続け、社内の活性化を図りつづける岩屋純一代表取締役社長に、一九堂印刷所のこれまでの活動と経営方針についてお話をお伺いした。

ページのトップへ戻る