MENU

男性でも「待ちの状態」で出会いアプリを使って出会えるテク

男が出会い系アプリを使うとなるとどこも有料なので、ほとんどの人があまりお金をかけずに出会いたいと思っているはず!

 

でもガツガツしすぎると女性から引かれてしまうし、行動しなさ過ぎも出会いに繋がらないから、どう行動したらいいのか悩んでしまう人も多いと思う。

 

なので、お金をあまり使わずに出会うために待ち戦略について下記でまとめていくので、節

 

出会い系アプリで出会うためには、攻めと待ちがある。
待ちは、女性から連絡が来るのを待つ方法を使うと、ポイントを無駄に消費することが無いので節約をしながら出会いを求めることが出来る!

 

でも待つだけでは出会いに繋げることは難しいから、どうすれば上手く出会いに繋がっていくかのか早速見ていこう。

 

待ちのメリットとデメリットを知ることが重要!

待ちにはどのようなメリットとデメリットがあるのかをあらかじめ知っておくことが重要なので、しっかり理解しておくことが大切。

 

■メリット
・ポイントの消費を抑えることが出来る
・アプローチが苦手な人でも、女性から連絡を待つから出会いに繋げることが出来る
・サクラや業者などを見極めやすい

 

■デメリット
・待つから、やり取りが始まるまでに時間がかかる
・自分で女性を選べない

 

sns12

 

このようなメリットとデメリットがあることを理解し、出会いを求めていってほしい。
また攻めのように自分で好みの女性を選ぶことが出来ないので、特に指定は無く女性とやり取りをしたいという考えであれば待ちの方法を使ってみよう。

 

待ち戦略について

待ちと言ってもただ何もせずに待っているだけでは女性から連絡が来ることは絶対にないから、待ち戦略とはどういった方法かを紹介する。

 

掲示板の1日1回無料書き込みを活用する

多くの出会い系アプリは、1日1回だけ掲示板に無料で書き込みが出来るようになっているから、節約のためにもこれを活用しない手はない。
無料で書き込みが出来るので、しっかり内容を考えて上手く活用すれば待つだけでもいい出会いに繋げることが出来るので、積極的に活用していくことをオススメする。

 

でもこの書き込みを活用する時には注意点がいくつかあることを知っておこう!

 

アダルト掲示板じゃなくって必ずピュア掲示板に書き込みをするということ!

どうしてかというと、アダルト掲示板は割り切り目的の女性や業者ばかりだから、真面目に出会いを求める女性はいないので、真剣に出会いを求めるならピュア掲示板に書き込みしよう。

 

人と差別化して相手が興味を引く内容を!

適当に書き込みをしても女性から連絡が来ることはないので、内容をしっかり考えて書き込みをして女性からの連絡を待とう。

 

内容は自分の目的に合わせて良いが、効率よく連絡を待つなら友達、恋人、趣味友の募集などがオススメ!

 

自分の趣味を書き込めば、同じ趣味の相手から連絡をもらえる可能性があるし、「○○募集」と書けば、何目的なのか相手もわかりやすいので、書いておくといい。

 

例文
【タイトル】趣味友募集しています。

 

【本文】
こんにちは、都内に住む28歳です。

 

食べ歩きが趣味で、話題の物を食べに行くのが好きなんですが、1人じゃ入りにくいお店とかもあるので、一緒に行ける友達が出来たらいいなと思っています。

 

まずはメールから始めて仲良くなれたりいなと思っています。
気になったら連絡くれたら嬉しいです。

 

よろしくお願いします。

 

このように自分が何者で、どのような出会いを求めているのかを明確にしておくと、女性も連絡しやすいと思うので参考にしてみてほしい。

 

そして書き込みをする時は印象を良くするためにも必ず敬語を使うことと、長くならないように簡潔にまとめることが重要になる。

 

内容をしっかり書いておくと気になった女性が数人連絡をくれたり、足跡をつけてくれる女性もいると思うので、適当に書かないように気をつけよう。

 

プロフィールをしっかり設定しておく

プロフィールをしっかり設定しておくというのは、待ちだけに限った事じゃなく、出会いに繋げるためには絶対にしなくてはいけないことだけど、待ちをするなら尚更しっかり設定しておくことをオススメする。

 

sns7

 

掲示板の内容がすごくいい物であっても、プロフィールがダメだと連絡をくれない可能性が高いと言える。
何故かと言うと、誰でも相手を選ぶ前には必ず相手のプロフィールを見てから決めるので、どんな相手なのかわからない人に連絡することはない。

 

しっかり出会いたいなら
・項目を埋める
・出来るだけ詳しく書く
・顔写真を載せる
・下ネタは書かない
このようなことに注意しながら設定していくと女性が魅力的だと感じてくれるプロフィールを作れるので、いいプロフィールを作り女性からの連絡を待とう。

 

危険な存在を見極めよう

女性から連絡が来たら喜んで連絡を返してしまうと思うが、メールが来たらなりふり構わず返信すると危険なので気をつけよう!

 

メールを送ってくる女性の中には、サクラ・業者などの意見な存在が潜んでいるので、メールをくれた女性が危険な存在ではないかしっかり判断してから返信することをオススメする。

 

サクラについては、優良の出会い系アプリであればほぼゼロに近いのでそこまで気にする必要はないが、業者やキャッシュバッカーは優良の出会い系アプリにもいるので気をつけた方がいい。

 

口元4

 

もしも女性からメールが来た内容がエロ系な時は、間違いなく業者はキャッシュバッカーなので、絶対に返信しないようにしよう。

 

その他にも条件を付けて来たりする女性は、割り切りや援デリ業者だから絶対に相手にしない。

 

あとは、やり取りを始めたばかりなのに連絡先交換をしてこようとする女性にも要注意!
男からしたら積極的にアピールしてくれる女性に対して喜びを感じると思うけど、出会い系アプリにいる一般女性は自分から行動しなくても色んな人からアピールしてもらえるから自分から行動することはほとんどない。

 

なので積極的に行動してくるってことは、回収業者の可能性が高いので絶対に連絡先を教えないようにしてほしい。
もしも浮かれて簡単に連絡先を教えてしまうと、迷惑メールや架空請求をされる可能性が高いので気をつけよう。

 

このような特徴があることを理解しておけば危険な存在を見極めて安全に出会うことが出来る。
少しでも怪しいと思う相手はスルーして次の相手を探そう。

 

反応してもらいやすい時間帯を狙う!

書き込みは多くの人から見てもらえばそれだけ返信をもらえる可能性があるということ!
なので、書き込みをすれば何時でもいいわけじゃないってことを覚えておこう。

 

女性からの返信率を上げるためには、反応をしてもらいやすい時間帯を狙って書き込みするといい。

 

ログインする時間は人それぞれで異なっているのは当たり前だが、ログインしている人が多い時間帯はある。
その時間帯は18時〜0時くらいで、この時間帯は多くお人が仕事を終えた後にスマホをいじっていることが多いため、アクセス数が多い時間だと言われている。

 

でも同じように出会いを求めている人がこの時間帯にログインしている時間帯でもあり、ライバルが多いので、この時間帯に書き込みをすると他の人の書き込みに流されて目にしてもらえない可能性も高いので、少し時間をずらして書き込みをするといいと思う。

 

掲示板は新しい書き込みが上に表示されるようになっているため、
あなたの書き込みの後にライバル達がドンドン書き込みをしてしまうと下に行ってしまうので、書き込みするタイミングが重要だと言える。

 

ちなみに女性は朝は化粧や準備などで忙しくて時間が無いのでアクセスしている可能性が少ないのでオススメしない!

 

また金曜〜日曜はもちろんアクセスをしている人も多いけど、予定が合って出かけている人も多いので、ライバルが少ない時を狙うなら週初めの月曜を狙って書き込みをして連絡を待ってみよう。

 

攻めと使い分けるのもアリ!

はじめの方で言った通り、待ちをしていると攻めの人よりも女性と出会うのに時間がかかってしまう。

 

節約しながら早く出会いを見つけたいと思うなら、待ちと攻めを使い分けるというのも1つの方法だと思う。

 

待ちをしつつも、自分の好みの女性を見つけアプローチすれば効率よく出会いを見つけることが出来ると思うので、待ち専門になるんじゃなくて、待ちをした後は攻めるなどしてみてほしいと思う。

 

自分で攻める時も、顔だけで女性を選んでしまうと危険な存在に引っかかってしまう可能性が高くなってしまうので、下ネタなどが書いていないかなどをチェックして見極めてからアプローチするようにしよう。

 

 

女性にアピールするのが苦手な人や、出会い系アプリにまだ慣れてしない人は実践して見てほしいと思う。

 

やはり攻めの人よりは出会うまでに時間がかかってしまうから、待ち専門もいいと思うが、攻めと待ちを上手く使い分けて出会いを求めていった方がより効率よく出会いを求めていけると思うので、参考にしてみてほしい。

 

また出会い系アプリにはサクラや業者などの危険な存在が潜んでいるから、積極的に行動してくる女性は危険だと判断して絶対に相手にしないように気をつけよう。

 

しっかり見極めることが出来れば安全に出会いを求めることが出来るので、これを参考にしながらいい出会いを求めていこう。

このページの先頭へ